酷い時

ポリフェノールで最も有名な特徴は水溶性のL-アスコルビン酸やV.E.などとは異なって、細胞の間の水溶性部分や脂溶性部分、ひいては細胞膜でも酸化しにくくする作用があるそうです。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓に存在するインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が何らかの理由で破壊してしまったことにより、膵臓からはほぼインスリンが出なくなることで発症するという自己免疫性の糖尿病なのです。 Continue reading “酷い時”

代表的

不整脈の期外収縮は、健康な人にも見られることがあるのでさほど逼迫した病ではないのですが、発作が数回続いて起きる場合は危険だといえるでしょう。 Continue reading “代表的”

細胞

めまいは無いのに、強い耳鳴りと難聴の2つの症状を幾度も発症する症例を「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メヌエル)病」という病名で診断する事例があることは意外と知られていません。
常識で考えると骨折に至らない位の小さな圧力でも、骨の限られたポイントに幾度も繰り返し持続的にかかってしまうことにより、骨が折れてしまうことがあるので気を付けましょう。
UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという特徴があり、大気中に存在するオゾン層で一部分が吸収されますが、地表まで届いたUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のDNA(遺伝情報)を損壊させたりして、皮膚に良くない影響を与えるのです。 Continue reading “細胞”

(-_-;)なんか

基準も敷かれるため、・・・その宮崎県は、バスなどでお越しください。遊歩道は一周1キロメートルあって、姫路城周辺の公営駐車場はどこも満車、旅の最初のプランとなりますよね。
Continue reading “(-_-;)なんか”

減少

今時の病院のオペ室には、御手洗いや器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を設け、手術中にレントゲン撮影するためのX線装置を設置しておくか、付近にその専門室を用意しておくのが慣例となっている。
脳内にある5-HT神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みの鎮静、様々な分泌物質の覚醒などをコントロールしており、単極性気分障害に罹患している人ではその動きが減少していることが明らかになっている。 Continue reading “減少”

油脂

ピリドキシンは、色々なアミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれているエネルギー源を燃やすために欠かせない回路へ導入するために更にクラッキングするのを助長するという機能もあるのです。 Continue reading “油脂”