集団的自衛権の意味

下らないことで騒ぐというのは、問題の本質の論点を逸らしているだけの話でしかないわけで、批判するのはいいんだけど、本質は見失ってはいけないわけですね(笑)

集団的自衛権反対する人って、集団的自衛権の意味を理解しているのだろうかと…。 

・国連憲章の第51条 
この憲章のいかなる規定も、国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるま での間、個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではない。この自衛権の行使に当って加盟国がとった措置は、直ちに安全保障理事会に報告しなければ ならない。また、この措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持または回復のために必要と認める行動をいつでもとるこの憲章に基く権能及び責任に 対しては、いかなる影響も及ぼすものではない。 

集団的自衛権の行使のためには、手続き的には安保理への報告、同盟国からの要請、議会の承認が必要となります。 
集団的自衛権の本当の目的は、南シナ海やシーレーンを守ることですね。 
それで困る国がありましたよね(笑)