選考は公平か?

特に「文学賞」と「平和賞」に言えることですが、選考が公平なのか、疑問が残るケースも少なくありません。

例えば大江健三郎氏の作品を日本語原文で読んで、あれが日本語として最高レベルかと言えば、私は全くそうは思いません。結局、英語化された数がある程度無いと候補にすらならず、不倫調査 新潟また英訳された方の腕前に拠る部分も多いように感じます。
2009年に何もしていないオバマ大統領が「平和賞」を受賞したのも、多くの方が疑問に感じたものと思います。また「平和賞」は一歩間違えると内政干渉にもなりかねません。 従いまして、日本人が受賞されたことは非常に素晴らしく、誇らしく思う一方で、ノーベル賞を矢鱈と有り難がるのもどうなのかな、と感じている次第です。
数学ではノーベル賞の代わりにフィールズ賞というものがありますよ。なぜ数学にノーベル賞がないのかというと、昔とある数学者とノーベルさんがちょっとした喧嘩をして、ノーベルさんがその数学者に怒ってしまい、数学という分野をノーベル賞から外した、と言う説があるからです。