説明の冒頭には

誕生日を迎えてどうも最近、身体の調子が一向に良くならないので正月に神田明神で買ったおみくじを財布から出して改めて見た。

末吉だったんだが最後から2番目の「病気」をみると〝信心が第一〟とある。
無信心なんだよね、キリスト教関連は一向に興味が無いし、禅には深く通ずるものがあるように思えて好きだが禅の信者でもないし、実践するのも年に数度と。
確かに仏教関連の本をかなり読んだし、今でも折に触れ前の本を開いたり新しく買ったりするが、傾倒しているというのもどうか…
これは何かカラコン通販激安信心をせよと言うことなのだろうか。

然し、説明の冒頭には〝不幸な目に遭遇し悲歎にくれ何の期待もなしに漠然と日を送る人。希望に燃ゆる春は目前にある。くよくよせずに自己に目覚め自信をもって目的に向って一路前進せよ。〟
と、ある。
これは見事に喝破された感じだな。
歳の半ばをとうに過ぎたが、一路前進ね。
それにしても引っ掛るのは〝自己に目覚め〟と言う件。
オイラは自己に目覚めとらんのかね、どうも意味が判りにくい。

と言うことで〝一路前進〟することにしたいが、さてどうすれば良いのか?