細胞

めまいは無いのに、強い耳鳴りと難聴の2つの症状を幾度も発症する症例を「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メヌエル)病」という病名で診断する事例があることは意外と知られていません。
常識で考えると骨折に至らない位の小さな圧力でも、骨の限られたポイントに幾度も繰り返し持続的にかかってしまうことにより、骨が折れてしまうことがあるので気を付けましょう。
UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという特徴があり、大気中に存在するオゾン層で一部分が吸収されますが、地表まで届いたUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のDNA(遺伝情報)を損壊させたりして、皮膚に良くない影響を与えるのです。
ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、手や脚がジンジンと痺れたり脚の著しいむくみなどが標準で、進行してしまうと、最悪のケースでは呼吸困難に陥る心不全なども齎す可能性があるとのことです。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことに加えて喫煙・お酒・隠れ肥満等のライフスタイルの乱れ、ストレスによって、ここ数年日本人に増加しつつある病気の一種です。
食べ過ぎ、太り過ぎ、喫煙、消費カロリーの低下、仕事などのストレス、加齢といった様々な素因が混ざると、インスリンの分泌量が減ったり、働きが鈍化したりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病するのです。
健康を推進する世界保健機関は、人体に有害なUV-Aのデタラメな浴び過ぎは皮膚の病気を招くとして、19歳未満の人がファッション感覚で日サロを利用する活動の禁止を強く先進国に勧めている最中です。
体脂肪の量(somatic fat volume)にさして変化がなく、体重が食物摂取や排尿などで短時間で増減する時は、体重が増加すると体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減少した方は体脂肪率が高まることがわかっています。
AEDというものは医療資格を保有しない人にも利用する事のできる医療機器で、本体から発せられる音声ガイダンスの手順に沿っておこなうことで、心室細動に対する緊急処置の効果を与えます。
環状紅斑とは何かというと環状、つまりは円い形をした真紅色の湿疹など皮膚のトラブルの総合的な病名ですが、その誘因は正に多種多様ということで知られています。
下腹部の強い痛みが主訴となる主な疾患には、大腸粘膜が嚢状に突出する大腸憩室症、尿管などに石ができる尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、様々な疾患の合併症として露見する急性腹膜炎、子宮の疾患など、様々な病名が聞かれるようです。
塩分と脂肪の摂取過多を控えて運動に努めるだけでなく、ストレスを感じすぎないような暮らしを続けることが狭心症を起こす動脈硬化を防止する方法です。
ヒトの耳の内部構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3か所に分けられますが、この中耳付近に黴菌やウィルスが付着し、炎症ができたり、液体が溜まる病気を中耳炎と呼びます。
3つのアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione-SH)は、細胞の機能を低下させたり変異を誘引するような害のある物質を身体の中で無毒化し、肝臓の役割をより強める動きが明らかになっているのです。
ハーバード・メディカルスクール(HMS)の調査によれば、通常のコーヒーと比較して1日2杯以上はデカフェコーヒーに変えると、恐ろしい直腸癌の罹患率を半分以上減らせたとのことだ。