白米を常食している

寒さ暑さを凌ぐ方法にしても、多種多様な読書をする環境にしても、インターネットで時空に制限されずコミュニケーションできる状態にしても
江戸 時代までの特権階級の人よりも現代の平均的な国民のほうが豊かな生活をしています(但し、労働環境は悪化しており、労働時間は酔い越しの金を持たない貯蓄 をしない江戸時代の庶民の3倍は働いてそうですが・w)

たとえば、藤原道長よりも我々のほうがいい暮らしをしている。

これは事実です。しかし、それは生産力の向上とかそういうものでによるのであって、「革命」によったのではない。 白米を常食したのは平安時代では藤原道長だけだった。

今は日本人全員が白米を常食しているでしょう。
その原因は大部分「生産力の向上」にあり、も しそれを「革命」というのであれば、鎌倉時代に草木灰・牛馬耕をはじめた人こそ真に革命家といえるでしょう。

しかしてこの革命家は、誰も殺していません。 血なまぐさいフランス革命とは全然違います。