油脂

ピリドキシンは、色々なアミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれているエネルギー源を燃やすために欠かせない回路へ導入するために更にクラッキングするのを助長するという機能もあるのです。
内臓脂肪過多による肥満と診断されて、油脂の摂取などによる「脂質過多」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖の中で2項目か3項目全てに合致するようなケースのことを、メタボと言っています。
肝臓をきれいに維持し続けるためには、肝臓の解毒作用が衰退しないようにする、要は、肝臓の老化を食い止める対策を迅速に実行することが有効だと考えられます。
陰金田虫とは、医学的に股部白癬という病名を持ち、かびの一種である白癬菌が陰嚢や股部、お尻などの場所に何らかの理由でうつってしまい、定着した病気であり俗に言う水虫のことなのです。
「肝臓の機能の低下」については、血液検査項目のGOTやGPT、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等の値によってモニターできますが、ここ2、3年肝臓の機能が低下している人の数が増加しているということが注目されています。
筋緊張性頭痛とはデスクワークなどでの肩こりや首凝り、張りに誘引される最も多いタイプの慢性頭痛で、「ギュッと締め付けられるような強烈な痛み」「頭が重苦しいような痛さ」と言われています。
真正細菌のひとつである結核菌は、保菌者がゴホゴホと「咳」をすることによって外気に排出され、空中にふわふわしているのを違う人が呼吸の際に吸い込むことで拡がっていきます。
基礎代謝量(kcal)とは就寝中ではなく覚醒状態で生命活動を維持していく(鼓動、鼻からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋肉の緊張の維持など)のに要る基礎的なエネルギー消費量のことを指します。
UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという特性があるため大気中にあるオゾン層でその一部が吸収されますが、地上まで届いたUV-B波は肌の表皮の内側で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊してしまうなど、皮膚にとって悪い影響をもたらすのです。
気が付くと横向きの状態でTVを眺めていたり、思いっ切り頬杖をついたり、ヒールの高い靴を日常的に履いたりという習慣は身体の均衡が崩れる素因になります。
ライブの開催される場内やクラブなどに設けられたすごく大きなスピーカーのすぐ脇で爆音を浴び続けて耳が聞こえにくくなる症状を「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と称しています。
急に発症する急性腸炎は、ほとんどの場合腹痛・悪心・腹下しの症状が出る程度で治まりますが、バイ菌の感染による腸炎の場合は激烈な腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢とともに38度台の高熱も出るのが見分けるポイントだといえます。
1型糖尿病という病気は、膵臓に存在する血糖値に深く関与しているβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまうことによって、結果的に膵臓からは大半のインスリンが出なくなり発症してしまう生活習慣とは無関係の糖尿病です。
アルコールを無毒化する特徴のあるナイアシンは、不快な二日酔いに効果的な成分です。辛い宿酔の誘引物質とされているエタナール(アセトアルデヒド)という物質のクラッキングに関わっているのです。
骨を折ってかなり出血した際、低血圧になって眩暈や冷や汗、悪心、座っていても起こる意識喪失などのいろんな脳貧血の症状があらわれる場合もあります。