有名な小説

単に聞き流すだけの英語シャワーに打たれるだけでは聞き取る力は前進しない。リスニングの力を成長させるためには、総じて徹頭徹尾復唱と発音訓練が大切なことなのです。

シドニーシェルダンの有名な小説は、ことのほか楽しいので、すぐにその続きが読みたいと思うので、英語の勉強のような風情はなくて、続きに興味がわくので英語勉強そのものを続けることができるのです。

幾度となく口にする練習を励行します。その際には、抑揚やリズムに注意深く聴くようにして、その通りに似せるようにしっかりと記憶することが大切なのです。
欧米人と対話する場合は多いかもしれないが、他のアジア系やメキシコ等の英語など身をもってかなり訛っている英語を認識することも重要視される英会話における能力のファクターです。

緊張しないで会話するのには、「長い時間をかけて英語で話す場を1回もつ」ことに比べ、「短いけれども英語で話すチャンスをたっぷり作る」パターンの方が至って効率的なのです。