強硬派

今年、平壌の特権階層には軍用米を放出して配給が復活したそうな。
この秋の配給には今年収穫された新米が配給されとるとの情報も。

但し、この新米、黄海道(ふぁんへど)の穀倉地帯から強奪してきた米で、農民には一切配給は無いそうな。 何年か前にあった、穀倉地帯の農民の餓死が10万人規模で発生、という情報を思い出しますな。 こういうのを経済改革派は、平壌中央や特権階層・新興富裕層相手に成果として宣伝するんでしょうな。
で、その中央にいるのが張成澤なんじゃあるまいか。
先月末にはこんな情報も・・・ 「北高位幹部、韓国映像視聴し銃殺」(デイリーNK)
「消息筋「燃油局長、南浦・順天市保安署長など計8人が見せしめ銃殺」」(デイリーNK)
自分とこにはモノが無いから中朝貿易でモノを買ってくる。
外部との接点を持てば、当然こういうモノも一緒に入ってきますわな。 で、自由世界の映像が有れば見たくなるのは当たり前とは言うものの、金正恩体制(の強硬派)にとってはこういうのが一番脅威になる。 ということで取り締まり・摘発の対象になる・・・と。
それにしても韓国の映像見ただけで銃殺とは恐ろしいですなぁ・・・