子供のころから

正直、驚きの連続だった。
それまで、自分の中で当たり前だった憲法9条神話や自虐史観が理論的に論破されていった・・・・・。

同時に、それは心の奥にあった違和感を消していった。
けれども、それで悩みが深くなった。 子供のころから『悪の巣窟』的に言われていた右翼が正しいのか? それとも、左翼が正しいのか?
そこで、私は比較をすることにした。 例えば、メールで共産党に「なぜ、靖国神社参拝に反対するのか?」と聞いて、実際に靖国神社を参拝し遊就館に行き、共産党からの説明の矛盾を質問してみた。 (今はPCの乗り換えなどで残ってないが、当初は得意満面で説明していた共産党が徐々にメールでもわかるぐらいヒステリックになるのは凄かった) 選挙があれば、共産党に出向いていろいろ質問をぶつけてみた・・・・・。(これは地元の他の正当にもやっていました) 結果は、右翼に軍配が上がった。 正直、左翼には誠実さや客観性、他者への尊重が右翼より感じられないのだ。