大多数の人は乗ってこない。

サイコロの目が奇数なら勝ち、偶数なら負けという確率50%の賭けであっても、勝てば10000円を得て、負ければ10000円を支払うという条 件には大多数の人は乗ってこない。

プロスペクト理論は、確率50%の半々の賭けに対して、蒙るかもしれない損失の約2.25倍、最低でも22500円の利 益の見込みが必要(そうでなければ割に合わない)と示唆するからである。
人間の効用や幸福感(自己肯定感)は『参照点』によって大きく左右される。 日常生活の上では、特に『参照点となる他人』が設定され『他人との比較・優劣』によって、幸福や不幸を感じる人も増えてくるが、こういった上を見 れば切りがない参照点の設定をする人は永遠に幸福感を得られない(自分の結果と現状に納得できない)闇金撃退ジレンマに陥るか、自分よりも弱い他人を差別(蔑視) したい衝動・攻撃性に駆り立てられやすい。
自分の現状を“100”と仮定する時に、その100の現状が変化することになる『不可避な行動選択』をしなければならないとする。