前提として

まず9条の前提として、「正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求」となります。 
国権の発動たる戦争というのは、宣戦布告を行うことを意味します。 
国際法上、国際紛争の処理手続きには、交渉、周旋、仲介、調停、審査がある。 
そういう意味では国際紛争の手段として、武力行使や威嚇行為は国際法違反になります。 
「正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求」というのは、国際法の遵守が妥当となります。 
この前提が崩れた場合は、戦争も武力行使も放棄しないという条文にあるわけです。 
当然のことながら、第一項が崩れた場合は戦力の保持や交戦権は認められるわけです。 
また、第二項においても、第一項に自衛権というのが定められてない以上、自衛権は認められており、第一項に反さない範囲での戦力の保持と交戦権は認められるというのが、条文上での解釈になるわけですね(笑) 
9条の精神は国際法の遵守と侵略の否定の2点になるわけです。 
要するに、9条はどうにでも解釈出来るわけで、憲法解釈を問題視するなら、9条を改正すべきと思うわけです。自衛権は認めない、武力を使った抵抗も許さないといった形にねwww 
それこそ、9条バリア(笑)を憲法化すればいいじゃん♪って思いますね。 

原則論としてはこんなところです。