プライベートなら

喫煙者の権利を叫ぶ人はきっと本人が思っているより
ずっと良い職場環境で働けていると思う。

義務付けても守ってくれるか不安、というか
まず守ることは有り得んだろう職場で働いてる身としては
罰則作って指導して欲しいくらいだ。

プライベートならそれこそイヤならその場から逃げればいいんだし、
喫煙者のマナーの問題にしてもいい。
実際、私の友だちにも愛煙家がいるが、敵意を向けることなんかない。

でも職場では吸われたら、煙から逃げる術がない。
例えば来客や上司に吸わないでくれとは”おおやけ”に
禁止されていない以上言う事はできない。あくまで”希望ですが”、程度。
そしてそんなことじゃウチのニコチン中毒者どもはマナーなんか守らない。

愛煙家は隣の人がタバコを吸わないせいで、頭痛がしたりするのか?
ましてや癌にかかったとしてもそれがタバコのせいと立証できん限り、こっちは泣き寝入り。

職場の受動喫煙対策へ 厚労省
こないだから通い始めたとこやがな~、料理教室たらーっ(汗)

でもどっちかというと暇つぶしに通い始めたけど、料理教室、案外面白いですぜ。
例えば今までの自己流と、ちゃんと習って作った筑前煮、
比べたら雲泥の差やってびっくり。

作るのも二人分なので、翌日のお昼or晩御飯も賄えますw

他人にどう思われようが、まわりに迷惑かけない限り、やりたいことをやりましょう!
人生あっという間です。迷ってる時間はない。