ウイルス感染症

30才から39才の間に更年期になるなら、医学的な用語で表現すると「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という病を指します(この国では40歳以下の比較的若い女の人が閉経する症状を「早発閉経(early menopause)」と呼んでいます)。
エイズ(AIDS)はヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって起こるウイルス感染症の事であって、免疫不全となり健康体では感染しにくい日和見感染や癌などを発病してしまう症候群のことを指しているのです。
クシャミや鼻みず、鼻詰まりに目の掻痒感・ゴロゴロするような感じなどの花粉症の諸症状は、アレルギー源である花粉の放出された量に追従するかのように深刻になってしまう特性があると言われています。
アメリカやヨーロッパでは、新しく開発された薬の特許が満了してから約30日後には、市場の8割がジェネリック医薬品(Generic drug)に替わるような薬もあるというくらい、後発医薬品は世界中に採用されているという現実があります。
「ストレス」というのは、「消すべき」「除去すべき」と捉えがちですが、その実、人は多種多様なストレスを感じているからこそ、活動することが可能になります。
上が140以上、下が90以上の高血圧が長期間続くと、全身の血管に重いダメージがかかり、頭頂からつま先に至るまでありとあらゆる場所の血管にトラブルが起こって、合併症になるリスクが高まると言われています。
基礎代謝量は就寝中ではなく覚醒状態で命を保っていく(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎臓の動き、体温や筋肉の緊張の保持など)のに必要となる最も小さいエネルギー消費量の事を指しているのです。
脳内の5-HT(セロトニン)神経は、自律神経の調節や痛みの制御、あらゆる覚醒現象などを操作しており、単極性気分障害(大うつ病)の方はその活動が弱くなっていることが明らかになっているのだ。
BMIを計算する式はどの国も同じですが、BMI値の位置づけは国家によって違っており、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22が標準体重、25以上の場合だと肥満、18.5未満を低体重と決定しています。
心筋梗塞というのは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化により血管内が細くなり、血液の流れが止まって、栄養や酸素が心筋まで送られず、筋繊維自体が壊滅状態になる大変恐ろしい病気です。
ポリフェノール最大の作用はL-アスコルビン酸(ビタミンC)やトコフェロール(ビタミンE)性質が異なっており、細胞間の水溶性部分に脂溶性の部分、更には細胞膜でも酸化を予防する効果を発揮するのです。
軽傷の捻挫だろうと勝手に決め込んで、包帯やテーピングなどで一応患部を固定し、様子を窺うよりも、応急処置を施してからスピーディに整形外科医に診てもらうことが、結局は快癒への近道となります。
体脂肪の量(somatic fat volume)には変動がなく、体重だけが食事や排尿などによって一時的に増減する際は、体重が増えた人は体脂肪率は低下し、体重が減少すると体脂肪率が上がることがわかっています。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、3〜4日くらいちゃんと服薬すれば、原則的にほとんどの患者さんの自覚症状はゼロになりますが、食道の粘膜の炎症反応が全快したわけではないので気を付けましょう。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法では大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」もしくはグラフトを用いる「冠動脈バイパス術(CABG)」という双方の治療法がよく扱われています。