やれるものならやってみろ

体罰の揚げ足を取るために挑発的な態度をとってくる場合には、
手が届かない程度の距離を開けたり、『体罰だ何だと騒ぐなら、

自分からこちらに近 寄ってきて触れないようにしてくれとの指導・こちらも冷静な口調で話をして暴力は絶対に振るわないから、○○も喧嘩腰の態度や攻撃的なからかい口調でつっ かかってこないようにとの注意』を行うべきだろう。
『やれるものならやってみろ』と言われれば、『○○は挑発したいのかもしれないが、自分はやるつもりが全くないし威圧・恫喝などに興味はない、注 意や指導をしている内容がわかっているか伝わっているかどうかを問題にしている。
自分が言っているのは学校生活や授業を受ける際に最低限守らなければなら ないルールであって、それを守れないなら他の生徒の邪魔にならないようにしておきなさいということだけだ、社会に出れば自分が損をしたり恥をかくだけで、 誰も親切に注意・アドバイスなどしてくれないが、ルール違反や他人への迷惑行為がエスカレートしていけば最後は違法行為まで犯して人生を台無しにすること もあるくらいは認識しておいたほうが良い』くらいに答えておけば良い。